改訂版 アポラクトフェリンのすべてがわかる本

 ■著 者 井上浩義 

■本体価格 1000円 

■発 行 2020年8月 

■ISBN ISBN978-4-86059-214-1

■判 型 四六判 

■ページ 128ページ 


下記書店よりインターネットで購入することができます



生まれたばかりの赤ちゃんをウイルスや細菌から守るため母乳(とくに初乳)に多く含まれるタンパク質のラクトフェリン。その驚くべき効能は抗菌・抗ウイルスだけでなく、老化の原因となる活性酸素の抑制や、がん細胞を攻撃する自己免疫能力の強化、さらに糖尿病などの生活習慣病の予防、美肌づくりやダイエットにも効果があるなど、まさに“万能タンパク”と呼ぶにふさわしいもの。そのため、国内外の数多くのメーカーがサプリメントの開発やラクトフェリンを取り込んだ食品や飲料、あるいは化粧品などの開発を進めています。アポラクトフェリンは、このラクトフェリンをより進化させたタンパク質です。ラクトフェリンを特殊な膜(UF膜)を通過させることで生成します。この技術で特許を持つ著者が、最新の研究成果を踏まえ、その効能をわかりやすく解説します。

まえがきーー改訂版によせて

1章 母乳に含まれる天然成分「ラクトフェリン」が身体を守る

・生まれたての赤ちゃんは、突然、外界の細菌やウイルスにさらされる

・初乳に大量に含まれる「ラクトフェリン」

・「鉄と結びつく」のが最大の特徴

・ラクトフェリンが持つ4つの効能

 殺菌・静菌作用/免疫機能の調整作用/腸内細菌の保護と育成/活性酸素の消去

・身体にやさしい天然の抗菌パワー

2章 より進化した「アポラクトフェリン」の登場

・ラクトフェリンには天然成分ならではの限界があった

・アポラクトフェリン開発のカギは「膜」にあり

・アポラクトフェリンは人間の体内にも存在する

・「アポ化」で倍増する抗菌作用

・アポラクトフェリンは天然の防カビ剤

・「くっつく」性質がウイルス感染やアレルギーに効く

・アポラクトフェリンは活性酸素の発生を抑える

・ドライアイを改善し、潤いを回復する

・アポラクトフェリンの副作用

3章 「アポラクトフェリン」で健康な身体を手に入れる

・爆発的に増加している糖尿病患者

・糖尿病の合併症を引き起こすAGEs

・網膜症にみるAGEsと合併症の関係

・高血圧の原因にもAGEsが関わっている

・結局、「死の三重奏」すべてにAGEsが深く関わる

・予防には適度な運動と食事が大事

・流行の「糖質オフ・ダイエット」は要注意!

・アポラクトフェリンを摂取すればAGEsの生成を防ぎ、健康になれる

・アポラクトフェリンの摂取は食事と一緒に

4章 美肌と速効ダイエットで20歳若返ろう!

・アポラクトフェリンは美肌づくりにも最適

・皮膚のトラブルを起こすことなくニキビの発症を抑える

・AGEsが蓄積すると骨や皮膚の老化を促す

・シミやシワを防ぐには内服と外用の併用が不可欠

・骨粗鬆症、腰痛、膝痛にもアポラクトフェリンは効果がある

・速効性のあるダイエット効果

・血管の弾力を維持することで冷え性や不眠症が改善する

・アポラクトフェリンの殺菌作用が頻尿、味覚障害にも効果をもたらす

終章 安心して「アポラクトフェリン」を摂るために

・アポラクトフェリンはどこでつくられる?

・アポラクトフェリンはどこで購入できる?

・アポラクトフェリンはいつ、どれくらい飲む?


著者略歴

井上 浩義(いのうえ ひろよし) 

 

1961年生まれ。慶應義塾大学医学部教授。理学博士、医学博士。九州大学大学院理学研究科博士課程修了後、山口大学医学部助手、久留米大学医学部教授などを経て現職。 専門は薬理学、生理学、高分子化学、原子力学。医薬品の開発を通じて、PM2.5やナノ粒子の研究をするかたわら、食と健康についての造詣も深く、ナッツの権威としても知られる。企業や一般向けのセミナーを数多く務めるほか、新聞・雑誌の執筆、テレビでも数多くの番組に登場。わかりやすい解説に定評がある。