幸せな未来をつくる

ポジティブ心理学

 

■著者/千田要一

■本体価格/1400円

■発 行 2011年11月

■ISBN ISBN978-4-86059-107-6

■判 型 四六判

■ページ 224ページ

 

 


下記書店よりインターネットで購入することができます



落ち込んでいたり、不安な日々を過ごしていたりしても、なかなか精神科や心療内科に行けない人への処方箋となり得る一冊


▶︎もくじより

1章 心の法則性と「ポジティブ心理学」の威力

 

お金持ちになっても美人になっても、幸福にはなれない‼

 

人の性格や病気は遺伝だけで決まるものではない

 

お金持ちになっても幸福感がないのは、なぜ?

 

ときには、潜在意識も分析し修正する必要がある

 

精神疾患で下される病名は症状によって変わっていく!?

 

精神疾患は薬物療法だけでは治らず、根治には心理療法が必要

 

心にある潜在能力を発揮させ自信をつけさせる「ポジティブ心理学」

 

幸福感が高い人は寿命が長い。スピリチュアルな人も寿命が延びる

 

宗教的なバックボーンを持つ人はポジティブに生きられる

 

ポジティブ心理学の黄金比率を踏まえれば人の営みは好転していく

 

 

 

2章 恋愛カウンセリング

相手のために何ができるか考えればお互いが成長しあえる愛が育める

 

ケーススタディ 好きな人に自分の気持ちを伝えられない ● 恋愛告白

 

        相手のニーズを知ることが第一

 

ケーススタディ 恋人にふられて、夜も寝られません ● 失恋 

        自分自身を知る絶好の機会

 

ケーススタディ でも、カレ、本当はいい人なんです ● 恋愛依存症 

        共依存・回避依存・ロマンス依存の潜在意識を知る

 

ケーススタディ 理想の結婚相手が見つからないんです ● 婚活ストレス 

        自分の心がまえを整理しておこう

 

ケーススタディ どっちを選んだらいいか、絞りきれません ● 三角関係 

        自分の選択基準に忠実に

 

治療体験記 「愛の貸借表」療法で恋愛依存症から回復 

 

 

3章 セックスカウンセリング

肉体的な側面だけでなく精神的な側面が大事

 

ケーススタディ 性欲が抑えきれないときがあります ● セックス依存症・ポルノ依存症 

        認知のゆがみに正当な反論を下していく

 

ケーススタディ 夫に「露出趣味」があることを知りました ● 露出・盗撮・のぞき 

        異性を異常に美化する認知を修正する

 

ケーススタディ 夫が子どもにしか性欲がわかない ● 小児性愛(ペドフィリア)・ロリコン 

        まず、潜在意識のなかの相手を「許す」

 

ケーススタディ 「お前」と呼ばれると彼氏の所有物になったようですごくいい ● SM 

        過去の失敗を肥やしにして不信感を乗り越えていく

ケーススタディ 自分の性への違和感が年々募ってきて、苦しくなるときがあります ● GID 

        身体と心の両方を一致させる

 

ケーススタディ 同性の人しか愛せなくて困っています ● 同性愛 

        過去のトラウマやトラブルを整理していく

 

 

4章 夫婦カウンセリング

たとえどんな結果になろうと、「あなたに会えてよかった」という心境になる

 

ケーススタディ 夫が浮気していて、家に寄りつかない ● 浮気・不倫

        互いに自分の非を知るところから始める

 

ケーススタディ 夫から暴言を受け、暴力がやまないこともあります ● DV・モラルハラスメント

        夫婦間だけで解決しようとしない

 

ケーススタディ 夫婦でお互いを性の対象と見られない ● セックスレス

        異性愛を呼び覚ます

 

ケーススタディ うちの夫はお義母さんから自立できていない ● マザコン亭主

        夫の甘えたい気持ちを生かそう

 

ケーススタディ お義母さんからの干渉にもう限界 ● 嫁姑問題 

        すぐに反論せず、じっくり傾聴する

 

ケーススタディ あなたとは考え方が合わない! ● 離婚問題 

        不一致を一致させようとするとムリが生じる

 

ケーススタディ 継子の育て方がわからない ● 再婚・ステップファミリー 

        子育てという行為を大事にしよう

 

ケーススタディ 一人で子育てしなければならない ● シングルマザー・シングルファーザー 

        困っているときはお互いさま

 

治療体験記 夫婦でカウンセリングして、うつ病から回復 

 

 

5章 子育てカウンセリング

なんと、あの「もしドラ」のドラッカー理論は子育てにも応用できる!?

 

ケーススタディ なかなか赤ちゃんができないのです ● 不妊症・不育症 

        自分の理想像に嫉妬しない

 

ケーススタディ どうしても子どもがほしい! ● 不妊治療ストレス 

        ストレスは不妊治療成功率を下げる

 

ケーススタディ 赤ちゃんがかわいいと思えない ● マタニティブルー(産後うつ) 

        自分をねぎらい、人に甘えることも大切

 

ケーススタディ 子どもが自分の思いどおりに育たない! ● 育児ノイローゼ 

        人は不完全な存在であることを受け入れる

 

ケーススタディ 子どもについ暴力を振るってしまうんです ● 児童虐待 

        他人に助けを求めよう

 

ケーススタディ うちの子、ちょっと変!? 子どもの行動が理解できない ● 子どもの発達障害 

        子どもの潜在能力を信じよう

 

ケーススタディ 最近、子どもに元気がないんです ● いじめ問題 

        コメントや説教はせずに、耳を傾ける

 

ケーススタディ 子どもが部屋から出てこない、家で暴れる ● 不登校・引きこもり 

        子どものホンネに関心を示す

 

ケーススタディ 頼んでもないのに何でぼくを生んだんだ! と言われた ● 子どもの反抗期 

        子どもの個性を尊重する

 

ケーススタディ どうして勉強しなきゃいけないの? ● 勉強・受験ストレス 

        勉強する意味を子どもに考えさせる

 

ケーススタディ 大学の勉強にやる気が出ない、と言う ● スチューデント・アパシー 

        完璧主義者のあせりに、心の余裕を

 

ケーススタディ 人の視線が気になってしかたがありません ● あがり症・赤面恐怖・視線恐怖 

        薬物療法から心理療法へ

 

ケーススタディ 娘が「低い鼻が気になって、外に出られない」と言う ● 醜形恐怖・身体醜形障害 

        根治には認知の修正がいちばん 

 

ケーススタディ 娘の過食がとまらない ● 摂食障害 

        対人コミュニケーションの改善から 

 

 

 

6章 仕事・ビジネスカウンセリング

成功した人はその果実を周囲の人に、周囲の人はその成功法を学んで共に幸せに!

 

ケーススタディ いい仕事が見つからない ● 就活ストレス 

        否定されたのは自分の一部と考える

 

ケーススタディ 仕事がなかなか覚えられない ● 入社ストレス・転職うつ 

        まず、時間に耐える

 

ケーススタディ 学歴がなくて出世が遅れる!? ● 学歴コンプレックス 

        人の役に立てる本当の実力を

 

ケーススタディ 上と下からの板ばさみで苦しい ● 中間管理職ストレス 

        部下の性格と能力を分析してみる

 

ケーススタディ 来月から会社に来なくていい! ● 転職・リストラ 

        家族で話し合い、自己研鑽を

 

ケーススタディ おい、サル。何度言ったらわかるんだ! ● パワハラ 

        上司の正当性と礼儀を冷静に判断する

 

ケーススタディ きみ、いい人いるの? 今晩一杯やらない? ● セクハラ 

        適切な言葉で切り返す能力を身につける

 

ケーススタディ 空気が読めない(KY)。周りから浮いてしまう ● 大人の発達障害 

        自分が受け入れることで問題解決が進む

ケーススタディ 会社の利益が出ない。明日のメシの種が見つからない ● 脱サラ・経営ストレス 

        自己投資がもっとも投資効果が高い

 

治療体験記 夫が出世してうつ病になったが「自分のいいとこ探し日記」で回復

 

 

 

7章 依存症カウンセリング

依存症の治療には根本のストレスを解決し、それとともに人生の目標を見つけること

 

ケーススタディ パチンコがやめられない ● ギャンブル依存症 

        イネイブラーの対応が重要

 

ケーススタディ お酒がやめられない ● アルコール依存症 

        依存症を認め根本的なストレスを整理する

 

ケーススタディ 薬物がやめられない ● 薬物依存症 

        底つき体験が解決の第一歩

 

ケーススタディ タバコが断てない ● タバコ・ニコチン依存症 

        タバコによりストレスが軽減されるというのは間違い

 

ケーススタディ 買い物がやめられない ● 買い物依存症・多重債務 

        イネイブラーが本人のコントロールを放棄する

 

ケーススタディ 出会い系サイトから抜けられない ● 出会い系依存症 

        抱いているさびしさのもとを探る

 

 

8章 スピリチュアルカウンセリング

表面意識だけでなく潜在意識も動員してスピリチュアルな悪い想念を跳ね返す 

 

ケーススタディ 肩が重い、頭痛がとれない ● 霊障・憑依問題 

        波長同通の法則と縁の法則

 

ケーススタディ 眠れない。寝ても身体が動かない金縛りに遭う ● 不眠・夜驚症・夢遊病・金縛り 

        心の波長を整えよう

 

ケーススタディ 「死ね!死ね!」という幻聴が聞こえる ● 幻覚(幻聴、幻視など) 

        社会人として健康な生活とは

 

ケーススタディ 自分の中に、別な人格がいる ● 解離性障害(健忘・離人症・多重人格) 

        勇気を育て、対処していく

 

ケーススタディ 自分の宗教が信じられなくなった ● 信仰・宗教問題 

        宗教教育・教養の不足

 

ケーススタディ 死ぬのが怖い! と口にする ● 死苦・実存的不安 

        霊的人生観が与えるもの

 

 

 


▶︎著者略歴

千田 要一(ちだ よういち)

 

ハッピースマイルクリニック(HSC)院長

1972年生まれ。九州大学大学院卒。ロンドン大学(University College London)臨床研究員を経て、現在、ロンドン大学名誉上級研究員、精神科医、医学博士。

ロンドン大学では、「ポジティブ心理学」の研究に従事し、欧米と日本での学術論文と分担著書は100編を超える。その功績が認められ、第66回アメリカ心身医学会学術賞、日本心身医学会第4回池見賞など学会受賞多数。

ポジティブ心理学をベースにした診療で多くの患者の支持を得ている。