WORKSIGHT(ワークサイト) 16 続・スマートワークプレイスの未来

■著者 コクヨ WORKSIGHT LAB.

■本体価格 1500円

■発行 2020年7月

■ISBN 978-4-86059-303-2

■判型 A4版

■ページ数 120ページ


下記書店よりインターネットで購入することができます



WORKSIGHT(ワークサイト) 16 続・スマートワークプレイスの未来

コクヨ WORKSIGHT LAB. (著) 山下 正太郎 (編集) 金森 裕樹 (編集) 田中 康寛 (編集)

WORKSIGHTは「経営の悩みは環境の工夫で解決できる!」をコンセプトに、コクヨ株式会社が世界の先端をゆく組織の働き方やワークプレイスを紹介する情報誌(年2回発行)。

本号の特集テーマ 『続・スマートワークプレイスの未来』

前号の欧州のスマートワークプレイスに続いて、オーストラリアを特集。オーストラリアのワーカーの価値観を中心に、理想とするライフスタイルを数々の事例を通じて探っていく。特集はCBA[シービーエー]、Paramount House[パラマウント・ハウス]、Aurecon[オーレコン]など8企業のワーカーを紹介。


CONTENTS

WORKSIGHT No.16 2020

 

SPECIAL ISSUE

続・スマートワークプレイスの未来

 

CASE 1

CBA

[シービーエー]

「人」の力でデジタル分野

ナンバーワンを目指す

豪州最大のメガバンク

 

CASE 2

Paramount House

[パラマウント・ハウス]

「ポストコード2010」の住人が集う

クリエイティブ・コミュニティ

 

CASE 3

Aurecon

[オーレコン]

世界最大級の木造オフィスビルは

ワーカーのもう1つの「家」

 

CASE 4

Woodside

[ウッドサイド]

自然なテクノロジーでワーカーを

支える世界最高のスマートビル

 

CASE 5

Arup

[アラップ]

フレキシブルなワーカーが

自ら考えたビジョン「Living Arup」

 

CASE 6

RMIT University

[アールエムアイティー・ユニバーシティ]

街に開かれ、市民に開かれた

都市型キャンパス

 

CASE 7

Quay Quarter Tower

[キー・クォーター・タワー]

オーストラリアの玄関口に

新たなコミュニティを生む

バーティカル・ビレッジ

 

CASE 8

Mirvac

[マーバック]

自社の革新性を体感してもらう

ショーケース


著者について

 

コクヨ株式会社 WORKSIGHT LAB.(http://www.worksight.jp) ステーショナリー、オフィス家具、空間デザイン、働き方など、さまざまな働く環境を提供するコクヨの研究機関として調査研究・情報発信を行っている。 WORKSIGHTは成長する企業を支える空間と制度を研究テーマに、 当機関の研究媒体として2011年に創刊。