WORKSIGHT(ワークサイト) 14 台北 集まり方の流儀

■著者 コクヨ WORKSIGHT LAB.

■本体価格 1500円

■発行 2019年1月

■ISBN 978-4-86059-300-1

■判型 A4変形版

■ページ数 96ページ


下記書店よりインターネットで購入することができます



特集

台北 集まり方の流儀

 

Case1

CIT[臺北創新中心]/コワーキンク?を「媒体」に 持続可能なコレクティブ・ インパクトを目指す

 

Case2

Gamania Group[橘子集團]/「FAMILY」の価値観を土台に次世代の文化を築いていく

 

Case3

松山文創園區[ソンシャン・カルチュラル・アンド・ クリエイティブ・パーク]/元煙草工場の文化基地が台北のクリエイターを惹き付ける

 

Case4

FutureWard[未來産房]/台湾のリソースで台湾にイノベーションを

 

Case5

Fieldoffice Architects[田中央聯合建築師事務所]/リアリティに向き合う態度が独創的な思考を生む

 

Case6

Taiwan Startup Stadium[台灣新創競技場]/海外で活躍できるスタートアップを独自のプログラムで育成

 

Case7

PDIS[行政院公共數位創新空間]/オープンガバメントを推進し当事者たる若者に未来を託す

 

CULTURE

華山1914文化創意園區[ホアシャン1914 クリエイティブ・パーク]

 

Wrap-up

山下正太郎/テクノロジーと文創が交わる、その先へ

 

 


著者について

 

コクヨ株式会社 WORKSIGHT LAB.(http://www.worksight.jp) ステーショナリー、オフィス家具、空間デザイン、働き方など、 さまざまな働く環境を提供するコクヨの研究機関として調査研究・情報発信を行っている。 WORKSIGHTは成長する企業を支える空間と制度を研究テーマに、 当機関の研究媒体として2011年に創刊。