WORKSIGHT(ワークサイト) 特別号 Studio O+A

■著者 コクヨ WORKSIGHT LAB.

■本体価格 1800円

■発行 2019年7月

■ISBN 978-4-86059-301-8

■判型 A4変形版

■ページ数 120ページ


下記書店よりインターネットで購入することができます



WORKSIGHTのコンセプト 『働くしくみと空間を作るマガジン』 -経営の悩みは環境の工夫で解決できる-

本号の特集テーマ Studio O+Aが生んだワークプレイス新時代』

シリコンバレーからサンフランシスコに至るアメリカ西海岸ベイエリアが、世界のカルチャー、そしてビジネスを牽引するイノベーションの震源地となって久しい。旺盛なアントレプレナーシップによって時代時代で覇者が生まれ消えていく移り変わりの激しいエリアの中で、イノベーションを生み出す彼らのワークプレイスを20年以上もの間、陰で支えてきた設計事務所こそが今回特集するStudio O+Aだ。(巻頭言より)


特集

Studio O+Aが生んだワークプレイス新時代

 

Case1

McDonald's

 

Case2

Slack

 

Case3

Blend

 

Case4

Cambridge Associates

 

Case5

Microsoft

 

Case6

Abaca

 

Case7

Giant Pixel

 

Case8

Alibaba Group


著者について

 

コクヨ株式会社 WORKSIGHT LAB.(http://www.worksight.jp) ステーショナリー、オフィス家具、空間デザイン、働き方など、 さまざまな働く環境を提供するコクヨの研究機関として調査研究・情報発信を行っている。 WORKSIGHTは成長する企業を支える空間と制度を研究テーマに、 当機関の研究媒体として2011年に創刊。