2時間でわかるビジネス常識

その敬語、ヘンですよ!

■著者/野元菊雄(監修)/志田唯史(著)

■本体価格/1200円

■発 行 2006年3月

■ISBN  ISBN978-4-86059-041-3

■判 型 四六判

■ページ 176ページ


下記書店よりインターネットで購入することができます



知らずしらず、こんな言い回ししていませんか?

・ご迷惑をおかけし、厚くお詫び申し上げます。


・ご拝読ください。


・お車が来られました。


・わたし的には反対です。


・ご拝聴ありがとうございました。…etc.

これらはすべて誤った敬語の使い方。


社会人ならビジネスの現場で知っておきたい最低限のフレーズを厳選のうえに厳選。


新人からベテランまで、“この一冊”があれば、もう恥をかかずに済む
敬語本の決定版!


(正しい言い方は本書で……。)

 


▶︎もくじより

はじめに

場面[1] 社外に電話をかける

 互いの顔が見えない電話。

 だからこそ一つひとつの言葉を大切にして自分の思いを伝えたい。

 ・知っておきたい敬語のセオリー1

  敬語とは何か?

 ・敬語こぼれ話1

  ウチの「ダンナ」

 

場面[2] 社外からの電話を受ける

 電話を受けることなんかもう怖くない。


 電話慣れした人は敬語づかいの再点検を。


 ・知っておきたい敬語のセオリー2


  敬語の種類と機能
 

 ・敬語こぼれ話2


  ブタの子、イバラの妻

 

場面[3] 顧客を訪問する

 電話でのアポ取りから訪問先でのあいさつまで、

 敬語をマスターすれば自分に自信が。

 ・知っておきたい敬語のセオリー3

  ビジネスにおける敬称

 ・敬語こぼれ話3

  喰う・食べる・いただく

 

場面[4] 顧客と商談する(売り手側)

 商談を円滑に運ぶためのとっておきのフレーズ集。

 敬語も交渉の話術も、これで完璧。

 ・知っておきたい敬語のセオリー4

  「お」「ご」の使い方

 ・敬語こぼれ話4

  奈良のお奈良漬け

 

場面[5] 来客への対応

 なじみの顧客にも初めての来客にも

 礼を失しないスマートな敬語表現を。

 ・知っておきたい敬語のセオリー5

  「くださる」と「いただく」の使い分け

 ・敬語こぼれ話5

  「御御御付」って、何?

 

場面[6] 顧客と商談する(買い手側)

 買い手側といえども敬語の常識とマナーは必要。

 居丈高な言葉づかいに良い売り手は寄りつかない。

 ・知っておきたい敬語のセオリー6

  「〜させていただきます」の使いすぎ

 ・敬語こぼれ話6

  何もありませんが。

 

場面[7] 社内でのあいさつや対話

 日々接する上司や先輩。あいさつ、報告、連絡、相談。

 意志の疎通をはかるのは敬語の使い方ひとつ。

 ・知っておきたい敬語のセオリー7

  間違いやすい敬語用法とら抜き言葉

 ・敬語こぼれ話7

  “敬語漢字”ってとても便利

 


▶︎著者略歴

野元 菊雄(のもと きくお)

1922年、神奈川県に生まれる。

東京大学文学部言語学科卒業。元国立国語研究所長。ロンドン大学客員教授、サンパウロ大学客員教授、松蔭女子学院大学文学部教授、(財)日本漢字能力検定協会日本語教育研究所長などを歴任。

現在、(財)日本漢字能力検定協会理事、(財)日本テレビ放送網文化事業団評議員、(財)明治安田クオリティーオブライフ文化財団評議員、(社)国際日本語普及協会評議員。

著書に『敬語を使いこなす』(講談社現代新書)、『文章・会話辞典』(ぎょうせい)、『仕事に必要なのは英語の前に敬語でしょ!』(梧桐書院)など多数。

 

志田 唯史(しだ ただし)

1951年、奈良県生まれ。

慶応義塾大学経済学部を卒業後、一部上場企業で人事、企画、営業畑を経験。その後、持ち前の文章力とキャリアを活かして出版業界に転身し、ビジネス、漢字・言葉ものを中心に書籍・雑誌の執筆に携わる。

現在、大手編集制作会社のアーク・コミュニケーションズ取締役兼ライター室長。

著書に『「話す」基本の基本』(インデックス・コミュニケーションズ)、『漢字ってもともと、そういう意味だったのか』(角川書店)、『不思議な漢字』(文藝春秋社)など多数