2時間でわかるビジネス常識

そのマナー、ヘンですよ!

■監 修 土田萬里子

■本体価格/1200円

■発 行 2006年4月

■ISBN   ISBN978-4-86059-042-0

■判 型 四六判

■ページ 176ページ 

 


下記書店よりインターネットで購入することができます



知らずしらず、こんなふるまいしていませんか?

・体調を崩して欠勤することを家族の者に連絡してもらった。

・新製品のサンプルを友人の手みやげに持っていった。

・知人が会社の近くに来たので応接室で面談した。

・ミスを犯したが、みっともないので上司に相談せずに処理した。

 

これらはすべて“半人前”のふるまい。

マナーに外れたふるまいをすれば、どんなに立派な業績を上げても評価は割り引かれてしまう。

社会人として身につけておきたいマナーを、間違えやすい例を引き合いに出しながらわかりやすく解説。

(正しいふるまいは本書で……。)

 


▶︎もくじより

はじめに

場面[1] 身につけよう!  社内での基本マナー

 遅刻や欠勤の連絡、出社・退社の挨拶、

 上司との報告・連絡・相談のとり方から

 ミスを犯したときの対応のしかたまで、

 会社員として身につけておきたい基本のふるまい。

 ・どれが正しいマナーかな?〈おさらいチェック1〉

 

場面[2] 社外からの電話を受ける

 電話を受けることなんかもう怖くない。


 電話慣れした人は敬語づかいの再点検を。


 ・知っておきたい敬語のセオリー2


  敬語の種類と機能
 

 ・敬語こぼれ話2


  ブタの子、イバラの妻

 

場面[3] 来客の応接をするときの基本マナー

 会社にいらしたお客様は全社員のお客様。

 直接の担当者でなくても、自分のお客様と考え、

 ていねいに応対し、応接室へと案内する。

 面談が終わったらきちんと見送ってこそ一人前。

 ・どれが正しいマナーかな?〈おさらいチェック3〉

 

場面[4] 他社を訪問するときの基本マナー

 面会時間の取りつけから始まる他社訪問。

 玄関先から受付へと向かう、そのときから

 あなたのふるまいは相手にチェックされている。

 マナー知らずでは仕事面での信用を失う。

 ・どれが正しいマナーかな?〈おさらいチェック4〉

 

場面[5] 名刺交換と会議・打合せの基本マナー

 名刺交換を単なる儀式に終わらせてはいけない。

 ふるまい一つでこちらの熱意を伝えることもできれば、

 相手から貴重な情報を引き出すこともできる。

 “できるヤツ”と思わせるスマートさを身につけよう。

 ・どれが正しいマナーかな?〈おさらいチェック5〉

 

場面[6] 知っておきたい接待の基本マナー

 接待とは、お酒を飲んで遊ぶことではない。

 会社の経費を使って行う仕事と自覚しよう。

 誰を接待するか、どんな店を選ぶか、話材の内容まで、

 いずれ経験する接待の必須知識。

 ・どれが正しいマナーかな?〈おさらいチェック6〉

 

場面[7] 私的なことでも社会人としてのマナーを忘れずに

 社会人になれば、結婚式などの個人的な出来事でも

 慶事や弔事はすべて会社の仕事に直結する。

 まして上司や取引先など会社がらみの人とは、

 常識として知っておくべきマナーがある。

 ・どれが正しいマナーかな?〈おさらいチェック7〉

 


▶︎著者略歴

土田 萬里子(つちだ まりこ)

1947年東京生まれ。1966年ANA入社。

ANA での最年少教官をしたことが仕事の原点となる。1973年退職後、銀座の資生堂が日本で初めての1000円のコーヒーサロンを立ち上げ、スタッフ教育から参加する。その後、マナー研修、ビジネス教育講師として活躍。「学生にマナーやコミュニケーションスキルを身につけさせる・受け入れ先企業の変化を見逃さない」をモットーに、この20年で、送り出した学生数は2万人を超える。現在、産業能率大学総合研究所の兼任講師、日本電子専門学校非常勤講師、STFグループ代表。著書に、『学生のためのセンスアップマナー』『マナーの基本と就職対策』(いずれも共著、専門教育出版)、『ビジネスすぐ使える便利事典』(主婦と生活社執筆監修)など多数ある。