ビジネスとしての「不良債権」

■著者/不良債権ビジネス研究会

■本体価格/1400円

■発 行 2003年10月

■ISBN  ISBN978-4-86059-019-2

■判 型 四六判

■ページ 208ページ

 


下記書店よりインターネットで購入することができます



▶︎もくじより

まえがき

プロローグ 「不良債権」をネタにビジネスする人々

   ▼知られざる実態を現役デューデリ氏が赤裸々に語る

   ◆90年代後半に始まった“出来たて”ビジネス

   ◆買い手わずか20社の閉ざされた世界

   ◆海の彼方から「買い」が入る? 誰も知らないファンドの正体

   ◆「債権を買う=不動産を買う」ではない!

   ◆光る“玉”もあれば“カス”もあるーーバルクセールの虚々実々

   ◆買ったはいいが、どうやって資金を回収する?

   ◆外資とのやりとりは日本語でーーデューデリ業務の進め方

   ◆意外と泥臭いデューデリ業の仕事と報酬

   ◆「不良債権はビジネスになる」との読みがズバリ当たる!

 

第1部 参加者だけがほくそ笑む不良債権ビジネスのしくみ

第1章 ネタは「不良債権」、売買は丸投げ「バルクセール」

   ▼不良債権を処理する過程で生まれた“鬼っ子”ビジネス

  ■売買のネタ「不良債権」は、いかに増えてきたか

   ◆“不良”も“優良”も始まりは同じ貸出金

   ◆同じ不良債権のはずが“定義”によって中身が違う?

   ◆銀行が帳簿上、不良債権を処理する方法は二つある

   ◆公的機関も先送りしただけ。いぜん増加の一途をたどる

  ■まるで「バナナの叩き売り」だが、それが正しい市場の評価

   ◆評価は元本の5〜10%ーー“叩き売り”にも等しいバルクセール

   ◆1999年の法整備により不良債権ビジネスは本格化する

   ◆売れば銀行は償却が進み、後はサービサーが管理・回収する

   ◆売り手にはアレンジャーが、買い手にはデューデリ業者がつく

   ◆勝負はたったの1か月! バルクセールの流れ

 

第2章 売り手の思惑ー厄介モノを処分できる大手銀行

   ▼たとえ売却損が出ても不稼働資産を稼働資産に!

   ◆もはや思いどおりに決算を操作できなくなった銀行

   ◆たとえ売却損が出てもメリットがある?

   ◆BIS規制さえなければ処分は一段と進む?

   ◆帳簿上の処理=最終解決ではない!

   ◆とりあえず銀行本体から切り離すUFJとみずほ

   ◆売りモノが増え不良債権ビジネスの活況は続く

 

第3章 買い手の主役、外資系投資ファンド会社の狙い

   ▼勝負は3年! 決断の速さが「勝ち組」の条件

   ◆外資にとってはたまたま日本にマーケットがあっただけ?

   ◆日本企業なのに“外資っぽい”オリックス

   ◆「ハゲタカ」の呼称は手並みの良さをやっかむ外野の声!?

   ◆リップルウッドとローンスターに見る日本での活躍

   ◆ぽしゃったファンドがないことが日本市場の魅力を物語る

 

第4章 管理・回収の実質処理はサービサーが担う

   ▼不良債権の種類に応じ千差万別の顔を持つ実働部隊

   ◆制度創設からわずか4年にして、すでに見切りをつけた外資も…

   ◆“取り立て”もからむため、法律では暴力団を徹底排除

   ◆もっとも儲けているサービサーは消費者金融系!?

   ◆債務者にとってサービサーの登場は債務免除のチャンス

   ◆別格「国営サービサー・RCC」の実態は?

 

第5章 多彩なビジネスを展開する脇役陣

   ▼すでに次の舞台の主役を狙う企業が登場

   ◆不動産の再生・販売から証券化まで*「レーサムリサーチ」

   ◆純国産のデューデリ集団*「グラックス&アソシエイツ」

   ◆最大手「クリード」の主要業務は不動産投資

   ◆不動産投資ファンド運用を目指す「パシフィックマネジメント」

   ◆アドバイザーは不良債権ビジネスから再生ビジネスへシフト

 

第2部 「処理」から「流動化」そして「再生」への動き

第6章 いまや不良債権は“処理”から“儲け”の対象へ

   ▼資産を固定せずいかに流動化させるかがポイント

   ◆いぜん不透明感はあるものの実情は徐々に明らかに

   ◆けっして“失われた”わけではない10年に及ぶ「処理の軌跡」

   ◆不良・優良を問わず債権を証券化する手法が定着

   ◆りそなは「竹中プラン」に沿って処理されたモデルケース!?

   ◆「ローンスター申告漏れ」指摘でわかった当局の旧態依然ぶり

   ◆「時間の概念」を導入し、債権の価値を割り引くDCF法

 

第7章 不良債権ビジネスの向こうに再生ビジネスが見える

   ▼不動産をいかに再生させるかがこの仕事の本質

   ◆いぜん40兆円の巨大マーケット

   ◆東京一極集中が続くかぎり不良債権は生まれ続ける!

   ◆不良債権ビジネスの最終目的は「企業再生」にあり

   ◆注目の産業再生機構だが、軌道に乗るのはこれから

   ◆企業再生は外資の得意な投資ファンド運用方式で

   ◆急がれるターンアラウンド・マネジャーの養成

  日本再生のためにも不良債権ビジネスの活性化をーーあとがきに代えて

 


不良債権ビジネス研究会 とは

後ろめたい雰囲気がつきまとう不良債権ビジネスを、日本再生に不可欠なビジネスとして、もっと前向きに評価すべきとの趣旨で発足した集団。業界関係者、斯界に精通した記者、経営トップなどからなる。広く実態を伝えるべく積極的に活動している。